11月 20 2012

飲食店のポイントサービスシステム導入のメリット

飲食店でもポイントサービスシステムを導入している店が多くあります。

ポイントサービスを導入するメリットは、顧客の確保でしょう。

ポイントシステムがあることにより、客のリピーターを増やす効果もあります。

外食をするときにポイントが貯まって割引を受けられるようになれば、サービスを受けられる客側としてもメリットになります。

飲食店がポイントシステムを取り入れるのは、とても簡単です。

もし店舗管理のシステムなどと連携を取らせないなら、紙のポイントカードに金額に応じてスタンプを押すだけで済みます。

でも、今はポイントカードも電子化して、様々な種類があります。

カードの種類はプラスティック、リライト型、携帯型などがあります。

プラスティック製のカードでもレシートなどで、現在のポイントを確認することができますが、リライト型のカードだと直接カードにポイントが印字されるため、顧客側でポイントが確認しやすく導入する店も増えています。

また、ポイントカードは会員証を兼ねることも多く、ポイントに有効期限が設けられていると「ポイントが勿体ないから早く来店して使わなくては!」という心理が生まれます。

今では自動販売機でポイントカードが使えたり、他社と共通のポイントシステムが利用できたりと、かなり進化しています。

飲食店の販促にポイントシステムを取り入れようと検討する企業も増えています。


11月 9 2012

飲食店のシステム化の目的とは?

飲食店で店舗管理をシステム化する目的は、どんなことが考えられるでしょうか?

1・作業の精度向上

2・作業の透明度

3・データ分析をして販促に活用

4・コスト削減

他にも有るかと思いますが、主にこの4つが考えられるかと思います。

例えば、POSレジを導入することでレジを手打ちする必要が無くなり、計算も早くなれば打ち間違いも無くなります。

作業の精度が向上し、スピードが増します。

また、手作業が減るということは、店側の不正行為を防ぐことにも繋がります。

例えば手打ちレジだと勝手に返品処理などをし、売上金の一部を着服することが容易です。

POSレジだと操作の記録が残るので、不正防止にかなりの力を発揮します。

そして飲食店の顧客層や売れ筋のメニューなど、データ分析ができるようになると、店の売上アップに繋げることもできます。

平日の昼間に女性客が多いのであれば、女性向けのサービスを提案したり、メニューを開発したりしてリピーターを増やす工夫ができますね。

また、飲食店の店舗管理にコンピュータシステムなどを導入しても、それによってコスト削減ができなければ意味がありません。

自分の店には一番何が必要なのかを考えて、どのようなシステムを導入するか考えると良いでしょう。


11月 8 2012

システム専用の従業員がいない!飲食店はどうする

複数店舗を持つ飲食店は、店舗管理を効率良くするためにもシステムをコンピュータ化する必要が出てきます。

しかし、いざシステムを導入するとなっても、飲食店に専用のスタッフがいないことが多いです。

そのために専用のスタッフを雇っていたのでは、人件費も無駄になりますね。

もし人員を増やすことなく、飲食店の店舗管理をシステム化したいと思うなら、サポートがしっかりしていて使いやすいシステムを導入するようにしましょう。

そもそも店舗管理をシステム化することは、作業を効率化したりムダな人員を増やすことなく、コストを削減することに目的があるはずです。

それなのに、わざわざ新たに専用の人員を配置したのでは、意味が無いことです。

飲食店でも本部と店舗にネットワークが構築され、データの連携が取れるようになれば、現場でする事務作業が減り、本来の仕事に集中することができます。

さらに売り上げがすぐに本部に上がるので、報告ミスも減り本部の作業も楽になります。

また、大がかりなネットワークを構築しなくても、ウェブサービスを使えば店舗管理も簡単になります。

システムのメンテナンスもサポートも専用業者に任せることができるので、飲食店の作業効率アップに繋がるでしょう。