飲食店のどんぶり勘定はもう古い!システムで徹底管理

どんぶり勘定とは、収支計算を細かく行うことなく、おおまかにお金を使うことです。

飲食店でいうと仕入れにいくらお金を使ったか、売上はどのくらいあったのか、人件費はいくら払ったのか、光熱費はいくらかかったのか・・

それらがちゃんと帳簿に付けていなければ、いったいどれだけの利益があるのか、または赤字なのかが見えてきません。

これが、どんぶり勘定です。

個人で経営している飲食店には、意外とこのようなどんぶり勘定の店も多くあります。

収支計算がはっきりしていなければ、作業は透明度が無く、従業員が容易に不正を犯すこともできます。

また、管理がずぼらだと従業員の士気も下がり、離職率も高くなります。

店舗管理をシステム化することによって、作業がスムーズになったり、コストが削減できたりするので、それだけで利益アップに繋がります。

システム化といっても、何も大それたことを考える必要はありません。

飲食店の規模に合わせた管理の方法を考えていけばいいのです。

例えば店の経営に関する費用や仕入れ費用をすべて帳簿に付け、売上も毎日ちゃんと計算するようにすれば、それだけでもかなり変化が出てくるでしょう。

チェックが徹底していれば従業員の士気も上がりますし、不正も確実に減ります。


Comments are closed.